メインイメージ画像

エコリフォームを行う前に知っておくべき情報があります

住む人の年齢や性別や季節など住まいの性能というのはその時々に応じて変化しているのですが、昨今は家の耐震性や耐久性もかなり高くなりましたし、おまけに断熱性能なども非常に高くなっています。以前に建てられた家の場合には、これらの部分で不満を感じるときが多くありますが、リフォームをすると家の性能も格段に向上させることができます。家のリフォームでも、今需要の高いのが耐震性のアップや断熱性能をいっそう高くするリフォームなどです。特にこの耐震性を高くする時には、申請をすれば自治体の補助金なども得られますし、断熱性能などを高めたりする場合には国からエコポイントも付与されます。

こうしたメリットの他にも、家の性能がアップすれば住み心地もよくなるし、特に断熱性能をアップさせるエコリフォームは、住まいが快適になるばかりだけではなく、エネルギーの削減にもつながって、冷暖房費を削減させることもできるのです。エコリフォームに申し込むためには、窓の断熱改修や、外壁、屋根、天井、床などの断熱改修工事が要求されます。さらに、エコ設備などの改修工事もこれへ含まれます。

特にエコ設備の改修工事は1つではなく3種類の工事が必要です。この中には、節水タイプである水回りや、エコ給湯器、太陽光発電なども含まれます。

ただ、省エネ対応にする場合に、断熱改修工事などに詳しいリフォーム業者を選ぶ必要性があります。

特に断熱工事は気密性能や熱損失量次第でその住まいの性能が異なってきますし、断熱材の取り付け具合をとってみても、きちんと隅々まで施行されているからこそ、断熱効果が発揮されるものです。さらに、太陽光発電などの後付けをする場合には、屋根の防水性能などをしっかりと確保することが大切ですし、エコリフォームの為に太陽光発電などを取り付ける場合には、屋根の防水保証などもしてくれる業者を選択した方が無難です。

このようにリフォームをするということは非常にメリットもあることなのですが、補助金の申請や業者をどのように選ぶのかについても前々から行っておくことが必要なのです。